CIRJE-J-294

『日本銀行による国債購入がイールドカーブに与える影響』
"On the effect of Bank of Japan's outright purchase on the JGB yield curve"

Author Name

時岡毅実(Takami Tokioka)・中野雅史 (Masafumi Nakano)・高橋明彦(Akihiko Takahashi)・高橋聡一郎(Soichiro Takahashi)

Date October 2017
Full Paper

PDF file (only Japanese version available)

Remarks  
Abstract (Japanese) Abstract (English)

日本銀行による大規模な国債購入が現状水準となった2014 年11 月以降(所謂QQE2 開始 以降)について、その国債購入がイールドカーブに与えた影響を定量的に分析した。 今回の分析の特徴は、イールドカーブの変動要因分析で従来からよく用いられてきたイー ルドカーブの「レベル変化(パラレルシフト)」とその「(長短)スプレッド変化」の2 つの変 動要因(以下、「レベル要因」と「スプレッド要因」)に加え、市場が期待する国債の流通市場 への純供給額(期待純供給額)をその変動要因の一つとして加えたことである。更に、各時点 の国債の市場流通量(発行額マイナス日本銀行保有額)もその変動要因の一つとして加えた。 以上4 つの変動要因の影響を時系列で統計的に推計した。 今回の分析により、日本銀行による国債購入額の変更が超長期国債利回りに特に大きな影 響を与えること、金融政策を変更する度にその影響が大きくなっていること等が明らかとなっ た。従って、現行の金融緩和策の出口の際は残存期間が長い国債利回りが特に大きな影響を受 けることが予想される。 さらに原論文の内容に加え、新たに平成30 年度国債発行計画に関する現実的なシナリオ分 析を追加した。

This paper examines an impact of Bank of Japan (BOJ)'s outright purchase on the JGB (Japanese government bond) yield curve. In particular, we develop a simple state space model, which incorporates new factors regarding the BOJ's announcement for its outright purchase and the current market outstanding with standard level and spread factors. Based on the model with a filtering method, we also implement an empirical analysis with time series of the BOJ's announcement records during 2014/10/22-2017/8/3 in the quantitative-qualitative easing(QQE) period to estimate the sensitivities of interest rates against the changes in the market expectation for the net supply with each sector of JGB. We expect the current work provides a basis for considering quantitative effects on the term structure by BOJ's policy changes such as termination or significant reduction of the BOJ's outright purchase. For instance, our scenario analysis shows substantial increase in the 30 year yield with widening of 20-30 year spread. Moreover, we analyze an impact of JGB issuance plan in FY 2018 on the JGB yield curve.