CIRJE-J-290

『公立病院再編における費用削減効果 』
" Cost Effect of Mergers in Public Hospitals in Japan"

Author Name 古田早穂子 (Sahoko Furuta)・五十川大也 (Daiya Isogawa)・大橋弘 (Hiroshi Ohashi)
Date Augusut 2017
Full Paper

PDF file (only Japanese version available)

Remarks  
Abstract (Japanese) Abstract (English)

本稿では公立病院の経営指標に関する個票データを利用し、病院再編が医業費用削減に与える影響の定量的な評価を行った。再編の内生性に対処するために、固定効果モデルに基づく定式化と市町村合併の有無を操作変数に用いた推定を試みている。推定の結果、再編によって医業費用は2割程度下落しており、特に給与費や材料費の削減が大きく寄与していることが明らかになった。このうち、医業費用の約半分を占める給与費においては、再編によって医師や事務員の数が大きく減らされている一方で、看護師や医療技術員の数は逆に増加しており、平均給与が高い医師の減少分を他の職種で補っている可能性が指摘できる。また、医師の平均給与や平均経験年数は再編によって上昇しており、医師数の調整の過程で経験が豊富な医師は病院に残ったことが示された。再編によって医業費用を抑制することが収支改善のための有効な方策にはなるものの、持続的に経営を安定化させるまでには至らないことも明らかになった。

The purpose of the paper is to assess the extent to which the merger between public hospitals reduce the operation costs in Japan. To deal with the endogeneity of the hospitals' decisions to merger, we employ two approaches; (1) a generalized difference in difference by use of hospitals' fixed effects, and (2) an instrumental variable that identify whether municipal jurisdiction in which public hospitals locate consolidate. The estimates indicate that the operation costs reduce by approximately 20 percent because of the merger. Two major components of this cost reduction are salaries to doctors and nurses; and material costs. For the former, the paper observes that an increase in the average salaries to doctors working at the merged public hospitals; this is because more experienced doctors remain to work at the merged hospitals.